読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wedding plannner blog

プラザイン水沢ブライダル情報をお知らせします

『結納金』いくら包む?

みなさん、お元気ですか。

今回は、結納の件でもっともよく質問される結納金について

 

男性側から女性側へ贈られる結納金は、

結納品のなかに含まれる「御帯料」

(女性側から男性側へ贈られる場合は御袴料

と表書きされた金宝包に現金を包みます。

 

昔は結納の際に着物や反物などの現物を贈っていたのが

現金で贈る様になった為、この様な表書きになっています。

結納金は嫁ぐ際の支度金的な意味合いが強く、

一般的にその金額は西高東低となっていますが、

特に金額が決められているわけではありません。

実際に金額を決める際にはその家族や本人の実力に

見合った額を男性側で決めるのが良いでしょう。

 

     f:id:plazainn-bridal:20160312134917g:plain

一般的な金額としては

100万円が、50%台

          と最も多いです。

 

その他にも金額を決める要因として、

たとえばお見合い結婚と恋愛結婚、

両者の地域差、両者の親戚関係など

様々な要素が絡んできます。

結納金は新札でお渡しするのがベストですので、

銀行で受け取る1週間ほど

前に予約を入れておくといいです。

(必要な日にいきなり銀行に行っても、

  新札がそろわない場合もありますのでご注意を。)

当日、お相手が1枚ずつ数えて

確認するわけにはいきませんので、

確認しやすいよう銀行の帯封はつけたまま

お渡しになったほうがいいです。

 

その他、わからないことがありましたら

お問い合わせくださいませ。