読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wedding plannner blog

プラザイン水沢ブライダル情報をお知らせします

結納って必要なの?

最近、ご来館されるカップル、親御様に、

 「結納をした方がいいですか?」

「結納って、面倒くさい。」

「まわりに聞いても、結納していない人が多いですが、

               どうなんですか?」

 よく聞かれます。

 

♡すてきな場所で、彼から指輪をもらった、、、、。

 それは、彼からのプロポーズ!!

 ふたりは自分たちの意思で、今 結婚を決め婚約したのです。♡

 

 さて、興奮から醒めて見ると、確かにプロポーズは

受けたけど、今までの関係と何も変わらない。

結婚式まで、ふたりの関係を「確か」なものにする

何かがないと、特に女性は不安になってしまう

なんてことがあるんですよね。

結納とは、そんな口約束だけの

『結婚の約束』を公にするために行う、

        伝統的なスタイルの儀式

になります。

結婚の約束をした証として、両家の間で金品を

取り交わし、婚約を確かなものにします。

(花嫁さんをお金で買うなんて言うのは大きな

見当違いといえます)また、男性側にとっては

大切な娘を嫁に出す女性側の親に対し、誠意の

気持ちを表す場にもなります。

ふたりにとりましては、気持ちの上で大きな節目

になり、また責任や覚悟を新たにする

大事な式となります。

また、両親につきましては、考え方や生活習慣の

違う両家がこの結納を通して歩み寄り、ふたりの

結婚がスムーズになり、今後の親戚付き合いを

するうえで、お互いが尊重し合いながら

お付き合いができる。

 

冒頭の 

Q【結納はしたほうがいいの?】

A する、しないは自由です。

 ただし、結婚は当人同士だけでなく

 両家に関わる大切なこと。

 婚約の証を儀式として執り行うことで

 お互いに誠意を示し、良い親戚関係を

 築くことができると思います。

 また、ふたりの気持ちにケジメをつける意味もあり、

 結納式を行うメリットはとても大きいです。

 

 

広告を非表示にする