読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wedding plannner blog

プラザイン水沢ブライダル情報をお知らせします

続き 両家顔合わせ 【当日の流れ】

 

当日は、予約時間の5分前くらいに会場に着くようにします。

できれば、ふたりがそれぞれの家族をエスコートして会場へ。

こうすれば親同士が先に会ってしまい、

気まずい思いをするのも防げます。

f:id:plazainn-bridal:20150912175445p:plain

 

*両家が揃ったところで、乾杯!!まずは家族紹介から

両家が揃ったら着席し、まずは簡単なあいさつと乾杯。

席順は、両親の意見を聞きながら、上座・下座はもちろん、

会話のはずみやすさを考慮しながら事前に決めておきましょう。

進行は、カジュアルにしたいなら男性本人が、少しきちんと

したい場合は、男性側の父親にお願いしています。

続いて、男性側から父、母の順で紹介し、

それぞれ紹介を受けて簡単にあいさつをしてもらいます。

紹介役もそれぞれ男女本人か父親が行うのが一般的。

両家の親睦を深めながら、ゆっくりとお食事を楽しんでください。

*リラックスして料理と会話を楽しもう!!

ふたりもゆっくり料理を味わいたいところですが、ここでの

主役はふたりの両親。

これからの結婚式、そして結婚生活のためにも、ここでお互いの

両親に打ち解けてもらうことはとっても重要です。

そのためにも、会話を盛り上げるよう心配り

をしっかりと。そこでまず大事なのが、事前の

リサーチ。それぞれ自分の両親の趣味や

最近ハマっているものなどを聞き出し、情報交換を。

できれば事前に「先方のご両親は・・・らしいよ」などと、

さり気なくその情報を耳に入れておくようにするとさらに◎。

お互いの共通点や盛り上がりそうなネタをピックアップして、

話しを振れるように考えておくとよいでしょう。

○両親にふたりのことを話してもらおう。

(両親にとって、いきなりのフリートークはハードルが高いので、

ふたりの生まれた時や子供の頃の様子、名前の由来などといった話題)

○両親との思い出話をしよう。

学校行事、家族イベントの思い出話も両親同士が共感しやすく、

          お互いの家族をより知ることが出来る話題。)

○年代が近ければ、同年代トークも

(両親同士の年代が近ければ、若い頃に流行ったファッション、

              音楽、アイドル、スポーツ選手など)

その他にも

ご当地ネタ、趣味・習い事、両親の馴れ初めネタ、好きなTV 音楽ネタ、

  健康ネタ、旅行ネタ、料理ネタ、兄弟姉妹・ペットネタ、仕事ネタ

*結婚式や新居など今後のことも話しておこう!

せっかく両親両親が集まる機会なので、結納、結婚式、新居、など

今後の大まかなスケジュールについて話しておくことを忘れずに。

式場や日取りについては、両親の考えも重要なので、

事前に相談しながらある程度決めておいたものを

確認するような形にするのが◎。

*せっかくの機会なので、ぜひ記念撮影を。

会話が盛り上がるとつい忘れがちですが、はじめて両親が揃う

貴重な機会なので、ぜひその瞬間を写真に残しておきましょう。

その際は、お店のスタッフにカメラを

お願いして必ず全員が写るように。また、披露宴のプロフィール映像に

使用するなど、その後意外と使えることも。

*両親への感謝の気持ちを込めたふたりから

             のあいさつで終了。

最後は、ふたりから両親へあいさつを。

両親への感謝の気持ちとこれからふたりで頑張っていくという

決意を自分たちの言葉で

伝えることがポイント。

また、両親が地方から出てくるような場合は、

地元の銘菓などを贈るのもよいでしょう。

 

以上、『両家顔合わせ』の紹介でした。

その他、いろいろ聞きたいことがございましたら

ブライダルスタッフまで。